資産運用 節税

税理士さんから確定申告の書類一式が届きました

投稿日:


確定申告の時期はだいぶ過ぎましたが、やっと担当の税理士さんから確定申告の書類が届きました。

また担当者が変更に…

去年も不動産会社から紹介していただいた税理士さんにお願いして書いてもらっています。

今年からまた担当税理士が変わったとの連絡が入ったのでその方にお願いして書類を送ってたのが3月頭になります。

忙しいとのことで今までかかってしまいました。また、引継ぎもきちんとされていなかったようで、去年の分の確定申告書と必要書類一式も送ることになりました。

これで3年連続で担当者が変わっています。変わるのは良いのですが毎回引継ぎがされていないのが気になります。

去年の反省

前回の担当者は、申告書類のPDFをメールで送ってきて終わり。後は勝手に印刷して提出してくださいという投げっぱなしでした。

提出書類について「元本が必要なもの」と「コピーでよいもの」「添付が必要のないもの」何にもわからないまま自分で調べて税務署に確認しながら資料をそろえました。

またミスもありました。私は母を扶養に入れているのですがそれが外されてしまっており数か月後に母の分の納税通知書が届いて気が付くことになりました。

もう一つ、物件購入のための下見や契約に何度か現地に行っておりかかった費用があり報告していたにも関わらず雑費に計上されておりませんでした。

その時は、税務署に連絡を行い既に所得が103万をわっており還付金額が変わらない事から訂正を行うことなく確定申告を済ませることができています。

今回の担当者について

前回の担当者に比べると今回の担当者は良い点がありました。

きちんと各数値が何に基づいて計算されたものなのかをしっかりと資料にまとめてくれていました。

前回のミスを踏まえて前もって情報共有しておいたからってのもあるでしょうが助かりました。

また今回もミスが…

ただ一点だけ今回もミスがありました。医療費控除についてです。

今までは医療費控除に添付する資料を作るのが面倒なためやってなかったのですが、今年から保険会社から届く「医療費のお知らせ」を使用することで1月~10月分までの医療費については一覧を作る必要がなくなりました。これに必要なら11月12月分の医療費の領収書を添付することで1年分の一覧の作成が可能となり医療費控除を行うのに必要な手順がとても楽になりました。

ということで、医療費のお知らせも書類として提出していましたが医療費控除の欄が0円となっていました。

 

既に去年分も所得が103万を下回っているのでこのまま提出しようと思っていますが来年は間違い0で行ってほしいですね。

 

何にせよやっと確定申告が出来ます。宿題が1つ完了できるということで少しだけ心にゆとりができそうです。

 

 

-資産運用, 節税
-,

Copyright© もっと資産運用や不動産投資について話したい , 2018 All Rights Reserved.