資産運用 立会外分売

チェンジ(3962)の立会外分売について

更新日:


チェンジ(3962)が立会外分売予定を発表しました。自分なりの考察を行いたいと思います。

立会外分売については、応援したい会社だと思えば積極的に挑戦していきたいと思います。

今後の予定について

以下の立会外分売予定が追加されています。

立会外分売予定

銘柄
分売実施予定日
申込単位数量
申込上限数量
分売数量
業種
チェンジ 3962 東証
08/30(木)~09/05(水)
100 株
500 株
335,800 株
情報通信

チェンジ(3962)

トラック、建機向けに鍛造品を製造しています。ゼネコン向け建築足場設備、エンジン運搬用パレットも作っています。

鍛造は建機用でコマツ向けが増勢しています。国内トラック向けは軟調です。中国のパレット事業撤退響くが、タイで新規量産品が貢献しています。営業益大幅増となっています。特損消えるが有価証券売却益、海外合弁の出資金譲渡益ないです。

設備改修費用に今期8・3億円と老朽化対応が本格化しています。土地取得含め建設足場事業用つくば機材センター増設も行なっています。本社社員対象にインセンティブプラン導入しています。

株価は、3,760 円(2018/08/24 時点)で、配当は0円です。優待は9月末で以下のようになっています。

優待内容名 優待獲得株数 備考
株主優待ポイント付与 1,500ポイント 100株以上 ※株主専用ウェブサイトに要登録、ポイントに応じて同サイトにて食品・電化製品・ギフト等と交換可
※2年以上継続保有の場合ポイントは1.1倍
3,000ポイント 200株以上
8,000ポイント 300株以上
15,000ポイント 400株以上
30,000ポイント 500株以上

PER:87.03 倍、PBR:20.42 倍とやや割高です。流動性は高いです。

実施目的

当社は、本日の開示資料「東京証券取引所市場第一部への上場市場変更承認に関するお知らせ」に記載のとおり、株式会社東京証券取引所の承認を受け、平成30年9月3日をもちまして、東京証券取引所マザーズ市場から同取引所市場第一部へ市場変更することとなりました。

今回の立会外分売は、市場第一部への市場変更における形式基準を充足するための当社株式の分布状況の改善及び株式の流動性の向上を目的として行うものであります。

売り上げ、営業利益共に順調に伸びています。今期についても順調です。

配当は0円で、利回りは0%となっています。優待ポイントを1ポイント1円と換算しますと0.4%となります。

株価も直近では右肩上がりとなっています。

K.o-

業績などで見るとぱっと見は良さそうに見えます。株価が現状ではやや割高となっている点くらいがマイナスかなと考えます。ただ、目的にある1部上場への基準の充足ということですが、既に達成しているように見えるので分売の必要性が無いように感じています。

大株主が単純に株価が上がったから売り抜けようとしている?なんか気持ち悪さを感じるのでパスします。

今日もお越しいただきありがとうございました。これからも宜しくお願いします。

気に入ってくれたらポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

-, 資産運用, 立会外分売
-, , ,

Copyright© もっと資産運用や不動産投資について話したい , 2018 All Rights Reserved.