雑談

三菱自動車の燃費不正問題について その2

投稿日:


以前の記事にも書かせてもらったのですが、去年の6月に日産のデイズルークスを購入しており10月に納車されていました。

その後の対応について、気になる記事がありました。

以前の記事は、こちらです。

もう一度、今回の報道内容を…

今回の報道

三菱自動車は20日、軽自動車4車種で、燃費試験のデータを不正に操作していたと発表しました。対象は4車種62万5,000台で、同社は該当する車種の生産を停止。国交省は愛知県岡崎市にある三菱自動車の技術センターへ立ち入り検査を始めました。

対象は、2013年6月以降に販売された「ekワゴン」「ekスペース」15万7,000台と、日産向けに生産した「デイズ」、「デイズルークス」の46万8,000台です。

日産が測定した結果、三菱が示した燃費と7%ものズレがあり、三菱自動車の当時の部長が指示して意図的にデータを偽装していたことが判明しました。

4車種はいずれもエコカー減税の対象で、今後、減税幅が小さくなる可能性があります。三菱自動車は、燃料代の補填などについてユーザーへの対応も検討するとしています。

新しい情報

三菱自救済は商事主導で軽自動車撤退へ

詳細は、こちら (記事が削除されましたので、リンクを解除します)

一応、相川社長は「撤退は考えていない」ということでしたが、ほんとうに撤退となったら困ります。

 

今回の不正は、命にかかわるようなものではないので、他に重要な問題が発生しない限りは乗り続けようと考えていました。

 

でも、撤退となると今後乗り続けたとしても、車検や事故などで問題が見つかり修正、交換が必要になった時に、部品の保存期間(6年だったかな…)を過ぎてしまった場合に、交換が出来ずに乗り換えってことになる可能性があります。

そうなると、その時に売ろうとしてももちろん買いたたかれるだろうし、ほとんど値がつかない状態も考えられます。

問題が発生して生産されなくなったんだからプレミアなんてつくはずもないしね。。

 

って考えると、もし撤退となるなら、早めに買い取ってもらうか、その分も含めた保障をしてもらえないと納得できないです。

 

早く調査結果が出て、方針が発表されないかなぁ。安心して自動車維持できないです。。

 

今日もお越しいただきありがとうございました。これからも宜しくお願いします。

気に入ってくれたらポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


いつも来てくれてありがとうございます。気に入っていただけましたらポチッとしてくれたら嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ


-雑談
-, ,

Copyright© もっと資産運用や不動産投資について話したい , 2018 All Rights Reserved.