資産運用 立会外分売

中央可鍛工業(5607)の立会外分売について

投稿日:


中央可鍛工業(5607)が立会外分売予定を発表しました。自分なりの考察を行いたいと思います。

立会外分売については、応援したい会社だと思えば積極的に挑戦していきたいと思います。

今後の予定について

以下の立会外分売予定が追加されています。

立会外分売予定

銘柄
分売実施予定日
申込単位数量
申込上限数量
分売数量
業種
中央可鍛工業 5607 名証
01/23(火)~01/25(木)
100 株
3,000 株
275,000 株
鉄鋼

中央可鍛工業(5607)

トヨタグループ向けが8割超の鋳造製品メーカーになります。トラックの比率が高いです。オフィス家具製造も行なっています。

北米SUV向けに自動車部品が好調です。中国向けに建機やロボットなど産業用機械部品も大幅に増えており、上期分のみ上乗せの会社計画はやや過小となっています。19年3月期は北米SUVや中国建機向けの伸びが鈍化し、減価償却費負担も一段増で増益率低下の公算となっています。

岐阜県土岐市の新工場は19年1月操業に向け18年1月着工へ。中国では持分法適用の蘇州石川製鉄も収益拡大傾向にあります。

株価は、649 円(2018/01/17 時点)で、配当は12円です。優待は行なっていません。

PER:9.08 倍、PBR:0.53 倍と割安です。流動性は、やや低いです。

実施目的

当社株式の流動性及び株式分布状況の改善を図るため。

売り上げ営業益共に前期を大きく上回って伸びています。2017年10月には業績予想の上振れを踏まえて修正を行なっています。

また、配当についても11月に10円から12円に引き上げています。配当利回りは、1.85%になります。

株価は、ここ一年で380円あたりから綺麗な形で伸びており650円〜720円でボックスを形成しています。

 

今回は、業績も順調に伸びていることと名証ですがある程度の売買もされているためチャレンジしてみようと思います。

 

今日もお越しいただきありがとうございました。これからも宜しくお願いします。

気に入ってくれたらポチッとお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

-, 資産運用, 立会外分売
-, , ,

Copyright© もっと資産運用や不動産投資について話したい , 2018 All Rights Reserved.